神戸刑事事件相談

法律相談のご予約はこちらから 078-325-5585
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • アクセス
  • お問合わせ
  • HOME
  • 刑事事件と民事事件の違い

刑事事件と民事事件の違い

_MG_66430006.png
 
刑事事件と民事事件とでは、それぞれの手続が大きく変わってきます。
 

(1)刑事事件と民事事件の違い

刑事裁判は、国家から指定された検察官が民事裁判でいう原告の立場に立って罪を犯したと判断した者を、裁判所に訴え(起訴)、死刑や懲役、罰金などの処罰を求め、裁判所がこれに対する判断を示す手続です。

なお、法人が罪(個人の犯罪を防止しなかった責任)を犯したと判断されて訴えられ罰金に処せられる場合もありますが、基本的には個人が訴えられ、処罰されるのです。
ですから、会社が行った行為だから、自分は対象にならないと考えるべきではありません。
 
会社の取引などで責任を問われる場合、仮に会社役員になっていなくても、実際には、その 人が会社の資金や人事など重要な事項について最終的な決定権を有し、犯罪とされる取引などを指揮し統括していたのであれば、実質的な経営者と判断され、捜 査や公判、さらには処罰の対象とされますし、犯罪の中心的役割を果たした首謀者として厳しい判断が下されます。
 
いずれにしても刑事事件に関して、国家(権力)は大きな強制力をもっており、国家を上に考えると訴えられた被告人が下になり、上下の関係となります。
 
民事裁判は、私人(個人や法人)が私人を訴えて裁判所に紛争の解決を求めるものです。
私人対私人での争いが民事裁判です。
場合によっては個人や企業が国家を訴えること(国家賠償請求訴訟、行政訴訟)もありますが、これも私人対私人との争いであると考えます。

 

 

(2)和解についての違い

刑事裁判では、検察官が被告人を犯人であると証明できない場合には無罪とされ、処罰を受けないことになります。
しかし、犯人であると立証された場合、被告人は死刑から懲役、禁固、罰金などの刑に服すことになります。
検察官と被告人・弁護人とが話し合って和解をすることはありません。
 

 

(3)刑事事件と民事事件の強制力などの違い

刑事事件の場合、警察や検察などの捜査機関には、被疑者の身柄を確保したり、犯罪を裏付けるための証拠収集を行うために、裁判所から令状を得た上で、自ら逮捕、勾留、捜索、差押えなどを行うことができる強力な権限が与えられています。
 
民事事件の場合は、事前に証拠を保全するためにも裁判所の判断を仰ぎ、裁判所の保全手続の下で執行官に依頼する必要があります。
 

 

(4)刑事事件と民事事件の共通点(被害者参加制度+損害賠償命令申立制度など)

刑事事件と民事事件の共通点もあります。
 
今までは、刑事裁判と民事裁判は別々に行われていましたが、最近、制度が変更され、被害 者の遺族が刑事裁判に参加し、被告人に対する質問や処罰を求める意見を述べることができるだけではなく、刑事事件の裁判を行った裁判官によって損害賠償を 命じて貰える損害賠償命令申立事件に移行して貰うことができるようになりました。
 
なお、これら被害者参加制度や損害賠償命令申立制度は、新しい試みですし、対象犯罪も限られ、手続面も限定的ですので、できれば代理人として弁護士を選任されて手続を有効に生かされることをお勧めします。

 

 

(5)証拠関係についての共通点

刑事事件と民事事件とが、同じ事実関係にあれば、証拠関係はほぼ同じものになります。
 
民事裁判を行う際にも事実関係を明らかにするためにしっかりとした証拠を収集し、それに基づいて裁判所を納得させることができる合理的な事実主張を行う必要があります。

 

刑事事件に関する他の記事はこちら

刑事事件の流れ

刑事事件の種類

捜査について

起訴について

公判について

判決について

量刑について

事実認定について

犯行以外に関する量刑の事情

証拠の種類

刑務所について

仮釈放

勾留とは

勾留から起訴の流れ

逮捕、勾留からの脱却方法

児童ポルノ

盗撮事件

児童買春について

痴漢事件について

裁判員制度の流れ

裁判員制度の対象となる事件


※当事務所は、個人情報保護法に基づき個人情報等を厳重に管理し機密保持に努めるものとします。

お気軽にご相談下さい。スタッフが丁寧に対応させていただきます。

解決事例

弁護士紹介

弁護士費用

相談の流れ

お問い合わせ

アクセス


Copyright (C) 2013 神戸ライズ法律事務所 All Rights Reserved.